FC2ブログ

2013
05/30

当農園の主力野菜である福井の伝統野菜吉川ナスが・・・

今年も採れました

ツヤツヤ~ という擬態語が聞こえそうなぐらいにツヤッツヤに黒光りしています

但し残念ながらまだ皆様にお届けできるほどの数が無い・・・、というわけでまずはスタッフで頂きました~



私はナスのグラタンにしてみましたが、吉川ナスは中身がすごくトロトロ、且つ皮はしっかりしているので、宇宙一グラタンに向くナスと言っても過言ではないのではないでしょうか

また随時直売所でも販売していきますので、今年も当農園のナスを宜しくお願い致します
スポンサーサイト



2013
05/29

もう一歩のところで北陸の梅雨入り宣言は見送られましたね。

明日午後からは晴れ予報に変わっちゃいました。

北陸の梅雨本番は6月後半から7月の印象です。
もうしばらく梅雨前線は太平洋側での活躍になりそうですね。

さて、そうはいっても気温も湿度も上がり始めて
病害虫が大発生する兆しが畑にはあります。

僕たちが不自然に野菜をつくろうとすると、
そりゃ不自然に害虫ばかりが寄ってくる。

「薬でやっつける」という考えだけではなんだか寂しいですよね。
できるだけ自然に近い形で僕らと共存していきたいものです。

農園にはいろんな本があります。

20651392_202022_20130529205816.jpeg

その中でもハンドブック系は読み返すのに便利でオススメです。

2013
05/25

虫が増えてくる季節になりました。

IMG00104.jpg
こんな奴や

IMG00107.jpg
こんな奴が現れてきました。

なので、目に付く限りは、捕殺、捕殺、捕殺。

限りない、虫たちとの戦いの季節になってきました。
果たして、勝敗はどちらに上がるか、これからが勝負のしどころなのです。

2013
05/18

今年も地道にインドネシア人の子に向けた料理教室を行ってます。

そして、今回の料理は、野菜をたくさん使った手巻き寿司です。

P5170346.jpg

使った野菜は、今農園で取れる、京水菜、わさび菜、ズッキーニ、金時草、サニーレタス、バジルなど

そして、スーパーからサーモン、タコ、シーチキン、コーン、マヨネーズ、大葉、きゅうり、カニカマなど、手巻き寿司の定番品などを揃えました。

P5170354.jpg

食材を切って、さー巻き寿司の開始。

インドネシアの子にとって、初めての手巻き寿司であったので、みんな楽しそうに自分の好きな具材を入れて巻き寿司を作っていました。
P5170357.jpg


そんな中でも、サトイモの美味しかった具材は、水菜とマグロと大葉を使った、巻き寿司。水菜のしゃきしゃき感がマグロと大葉の定番に食感の良さを付け加えてくれます。

そして、意外とみんなに好評だったのがバジルです。
バジルはシーチキンにも、サーモンにも合い、食べた瞬間にあのバジルの香がふんわりと口の中に広がるのがなんともいえない美味しさを醸し出していました。
ほんとに美味しかったので、バジルが一番最初になくなったのは意外でした。

みなさん、ほんとに美味しかったので、バジルの手巻き寿司、一度お試しくださいな。

2013
05/16

こんにちはー、北野です

最近すっかりあったかくなってきましたね

季節の変化に合わせ農園の栽培野菜もどんどん変化して行きますが、最近僕がハマっている野菜はこちら


生バジルです

バジルというと乾燥状態で料理の香り付けに使うというのがポピュラーだと思いますが、
生バジルはこのまま単独で食べても主役をはれる美味しさです

しかもこれだけ入って値段は驚異の150円

大手さんのバジルだと葉っぱが7~8枚ぐらいしか入っていないのに同じぐらいの値段がしますが、
当農園のバジルは5倍以上の量が入っています

ちなみに味も他とは段違い

まさにハーブという様な複雑な味わいで、食べ始めにとても強いバジルの香りが突き抜け、
最後は辛みのようなハッカを食べたような、スーッとするさわやかさが広がります

そのままサラダで食べてももちろん美味いですが、僕のおすすめはこちら


ガパオライスです

僕の盛り付けが悪くただの目玉焼き御飯みたいになっていますが、紛うことなきガパオライスです

最近はカフェなんかで出すところが多いのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
タイ料理の一つで、日本でもナンプラーとオイスターソースで味付を再現できます

あまり自分の料理で感動することはないですが、これに関してはあまりの美味さに感動しました

もはやガパオライスと珈琲だけでカフェ開いてもカフェ界の覇権とれるんじゃねぇかと思うレベルでした

さらに僕の中の恋人に作ってほしい料理ランキング第一位はこの時を持って「ガパオライス」になりました

ちなみに私はズッキーニも入れていますが、ズッキーニはガパオライスの味付にとてもあいます


生バジルはAコープの直売所に売っていますので見かけた際にはぜひ一度お試しくださいー。

2013
05/14

米の苗そろそろ植えます
今苗はハウス中に育てます
田んぼの準備まだできないからです
DSC_0094_convert_20130514215547.jpg

2013
05/14

カラッと乾燥したいい季節になりましたね。

農園スタッフの大西です。

農作業にも水が欠かせなくなってきました。

野菜たちも「おーい、水ちょ〜だ〜い」って顔してます。


P5120337.jpg


水やりで野菜の味や食感も随分変わってしまうので

観察を繰り返し、タイミングと水量を日々考えています。


P5120331.jpg

これでよし、と。

2013
05/11

枝豆に続いて、もういっちょ植えときました。
P5060311.jpg


はい、トウモロコシです。

P5060312.jpg


まだまだ、苗は小さいですが、これからすくすく育って行って欲しいですね。

2013
05/07

農業古層を勉強します
昨日はインドネシアの農業と日本の農業の比較をはっぴょうしました。
インドネシアは熱帯諸国だから日本と違います。
インドネシアでは雨季と乾季だけです。
植物もちょっと違います
DSC_0087_convert_20130507215158.jpg

2013
05/06

「今日は○○持って帰ってきたよ~」

これは野菜農家で働く特権かもしれませんが、

規格外などの野菜をたくさん持ち帰ります。

家に帰ると妻も子供たちも大喜び。



立派な京水菜でしょ?

でもこれも株が大き過ぎて規格外。

すくすく育った水菜はすっごく美味しいんだけどな~

2013
05/05

前回、準備したマルチに定植しました。

P5020309.jpg


さてさて、この苗はなんでしょうか。
P5020310.jpg


ビールのお供には欠かせない、エダマメです。


実はサトイモ、プランター菜園時代から、このエダマメを育てているのです。
かれこれ、7年前の話ですが。

チョー素人の時代に作った枝豆はもちろんうまくいかず、大変悔しい思いをしたのですが、それが農業に入るきっかけの一つでもあったのです。

いずれはちゃんとした畑で作りたいと。
そして、昨年、農園でエダマメ栽培をさせてもらったのですが、これが見事に虫にやられたり倒伏したりと大失敗を期したのでした。

そして今年こそは成功させるぞという思いで、再び挑戦です。
今年こそは立派なエダマメを作るぞ!!


*この写真、見る人が見ればわかると思うのですが、苗はすでに徒長してます。
まぁ、たぶん大丈夫だろうと思うのですが、最初から不安げなスタートダッシュをきったのでした、、、

2013
05/03

つむらさきを植えるまえに。 田んぼにトラクターでかけています。
P5030691_convert_20130503215620.jpg


P5030680_convert_20130503214911.jpg
プロフィール

農園たやスタッフ

Author:農園たやスタッフ
<大西 康彦:写真左>
日本人農園スタッフ。
農園たやの”三人目の職人”を
目指して今日も奮闘中。
栽培担当はベビーリーフ♪

<佐藤 高央:写真右>
日本人農園スタッフ
(野菜ソムリエ)
JICAでボリビアに赴任。
帰国後、農園たやで農業を始める
笑顔が素敵な青年メガネ男子♪

<立崎 安寿香>
日本人農園スタッフ。
青森生まれ、東京の大学を卒業後、農園にやってくる。
在学中インドネシアに1年間暮らした経験があり、
インドネシア語が得意で、インドネシアが大好き。
インドネシアのことならなんでも彼女におまかせ♪

<坂本 こうへい>
日本人農園スタッフ。
茨城県生まれ。茨城県育ち。
理科系大学院卒業後、一度は化学系技術職に就くが、
農業と海外協力に興味を持ち農園たやの門を叩く。
農園No.1の真面目君。彼もまた良い意味で頑固そうだ。

検索フォーム

カウンター

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
38510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11419位
アクセスランキングを見る>>