FC2ブログ

2013
07/30

農園たや通信 7月


7月1週目

梅雨の最中ですが、天気が続いたので、ジャガイモを少し収穫しました。5月の雨不足で、インカの眼ざめという品集のジャガイモは全滅してしまいましたが、ピンク色のジャガイモは健在でした。ただそれなりにイモが小さく、少し割れているのも目立ちました。天気ひとつでその年の野菜の出来が左右されますね。良い時もあれば、少々悪い時もある。少し悪い時もあるから、上手くできた時の喜びは大きいのかもしれません。イモは少し割れていますが、味はとても美味しいですよ。雨が止めば、紫色のジャガイモも収穫する予定です。


711.jpg

ジャガイモを収穫した翌日は、一転して雨でした。しばらく雨が無かったので大歓迎ですが、このまま豪雨になるのだけは避けてほしいところです。さて、七夕近くになって降る雨を「洗車雨」と呼ぶのはご存知でしたか?彦星が織姫に合いに行くために、牛車を洗っている水がしたたり落ちて降る雨だと言われています。なんだかロマンチックですよね~。ちなみに七夕に降る雨を酒涙雨と言うそうです。七夕であった2人が別れを惜しんで流す涙が雨になったといわれています。雨にもいろんな物語や風景があるんですよね。そんな感性で自然と付き合っていける暮らしが好きですね。さて、今年の七夕はどうでしょうか?
話題は一変して、もうすぐ参議院選挙ですね。周りもずいぶんと騒がしくなってきました。先日、地元新聞でTPPの特集があり、コメントを求められました。また毎日新聞の地方欄にもTPPと農業の変化について寄稿を求められています。僕ごときが何か言える分際でもないのですが、ちょうど1999年のインドネシア通貨危機時代に農業支援の協力隊として居た経験から少し話をしています。あの時は、インドネシアの財政が吹っ飛び、国際通貨基金(IMF)が資金提供と言う形で内政干渉してきた時代でした。IMFは自由貿易こそ経済立て直しの万策と言い、それに従う形でインドネシアは農産物の関税をゼロにしました。その時、僕が支援していた小型赤玉ねぎ栽培プロジェクトが、農家のがんばりで成功を見ようという時だったのですが、その玉ねぎの価格が大暴落し、1/75まで落ち込みました。農家は大損をして、グローバル企業は大儲けした時代を現場で生で経験しました。あれから10数年。なんの因果か、自由貿易は日本を包もうとしています。さて、次はどうなることやら・・・。


7月2週目

小暑も過ぎ、いよいよ暑さ本番を迎えました。暑中お見舞い申し上げます。
この暑い時期に、実は冬野菜への準備は始まります。今週はセロリの種まきをしました。ハウスの中の気温は50℃近くまで上昇していますが、その中で汗だくになりながら種まきをしました。おまかせ便でも好評だったセロリ、今年も栽培しますよ。
721.jpg


セロリは、株が70~80センチ近くまで大きくなるのですが、種はとても小さいんですよ。ゴミか埃と間違うくらい小さい種を、種まき用のシート(128穴)に4粒ずつ播きました。汗で種を濡らさないように播くのがとても難しく、とても時間がかかる作業でした・・・(-_-;)。

722.jpg


梅雨明け宣言は、北陸はまだありませんが、天気は完全に夏になりました。なので、掘れなかったジャガイモも収穫しました。今年は、5月の雨不足に悩まされて、インカの眼ざめというジャガイモの品種が全滅してしまいました。でもピンクのジャガイモと紫のジャガイモは無事収穫できました。とくに紫のジャガイモは、昨年は小ぶりだったのですが、今年は大きさも良く、良いものがとれましたよ~ヽ(^o^)丿。

723.jpg


今週は珍しい来客もありました。広島の長靴メーカーの課長さんがご来園。インドネシアで農業用長靴を販売したいとのことで、僕らに話を聞かせてほしいとやってきてくれました。民族で足の形が違うとのことで、研修生の足型もとって行かれました。商売それぞれに、いろんな価値があるんだなぁ~と思った出来事でした。


7月3週目

暑中お見舞い申し上げます。今週は、暑さが一段落した福井でしたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?北陸は梅雨明けをしておらず、今週も曇りがちの天気で、朝晩はとても過ごしやすかったです。ハウスの中での作業が多いので、猛暑日が続くと体がとてもつらいですね。
でも、人間には辛い暑さでも、この暑さが大好きなのが夏野菜たちです!暑くなればなるほど元気になり、ぎらぎらとした猛暑の太陽の光を真っ向から浴び続けているのに、その生命力は衰えるどころか、どんどん旺盛になっていく感じがします。やはり夏は、こうした命を頂いて、僕らも元気を分けてもらうのが一番ですね。

731.jpg


その中でも、一番元気なのがトウモロコシです。農園ではこれまで自家消費用で栽培してきましたが、昨年から販売用に試験栽培を試み、なんとか皆さんにお出しすることが出来るトウモロコシが栽培できました。これもスタッフの佐藤の努力のたまものですヽ(^o^)丿。

732.jpg


しかし、そんなトウモロコシ。狙っている輩も多いです。主な敵はカラス。毎日数本ずつ食べられています。そろそろ美味しそうなトウモロコシが取れるかなぁ~と思っていると、しっかりその時期に食べにやってきます。僕らが出荷するのが早いか、カラスが食べるのが早いか、ただ今競争中です。
キンカンウリも被害にあっています。未熟なうちは、カラスも見向きもしないのですが、そろそろ熟したかなぁと思っていると、カラスに食べられてしまいます。カラス除けをして、これ以上やられないようにしたいですね。しかし、カラスも結構味の解る鳥なんですね。


7月4週目

暑中お見舞い申し上げます。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?福井は曇りがちの天気で、7月上旬の猛暑に比べたら幾分かは過ごしやすい日々です。福井がいまだに梅雨明けしないのが少し気になります。今年は、どんな夏になるのだろう???
さて、人生でTV出演なんて稀な出来事だと思うのですが、そのとても稀な出来事が、23日の1日に2回もありました( ゚∀゚)!

741.jpg


まず午前中は、日テレで放映中の「アグリンの家」という番組の収録でした。初の全国放送出演です!!タレントさんの蒼れいなさんが圃場まで来てくれて、吉川なすの魅力を体験してもらいましたよ~。
放映日はまだ確定していませんが、9月ごろを予定だとか。また決まりましたら、お知らせしますので、ぜひ見てくださいね~。

742.jpg


午後からは、ローカル局の福井テレビの収録でした。い~ざぁええDayという30分番組の収録でした。あの「ルイルイ♪」の太川陽介さんが圃場に来て、トマトやバジル、ジャガイモ、そして吉川なすを味わってもらいました!太川さんは京都出身で賀茂なすがとてもお好きだとおっしゃっていましたが、吉川なすを食べると、「ナスは吉川が一番!」とお墨付きを頂きましたよヽ(^o^)丿。こちらは放映は福井のみになります。9月2日放映予定とのことです。見たい方は、それに合わせてぜひ福井へ!

743.jpg



1日中テレビカメラを向けられて、とても興奮&疲れた一日でした。美味しさを発信できるのって、農家としてもとても大切だと感じた日でした。


スポンサーサイト



2013
07/26

待ちに待ったスイカが...



カラスに食われました


こりゃぁ完全にあれです、今風に言うならば激おこプンプン丸ってやつです

周りに網をはって上にヒモを数本はっていたのですが、ヒモの間をくぐり抜けて食べられたようです...

ホントに食べられたスイカを見た時は激おこプンプン丸でしたが、こういうことがあるともっと畑を改善しようという気持につながります

そのことを教えてくれたカラスに感謝ですね



ちなみにスイカは二個やられました。





......。






やっぱり激おこプンプン丸ですわ

2013
07/21

我が家の庭で試験栽培をしていたフルーツホオズキは

もう背丈ほどに大きくなり、数えきれないくらいの実を付けました。



一方、本番の農園でのホオズキは種まきから約1ヶ月が経過し、農園の園主の管理のもと



やっとここまで育ちました。
少し時間がかかり過ぎなのと、空席が目立つのも今後の課題でしょうか。
生育スピードと発芽率もチェックしておかねば‥



さて、葉っぱが黄色くなってきたところで、プラグの役目は終わり。

めでたく明日定植するはこびとなりました。

2013
07/20

こんにちは

最近暑い日が続きますね

そんな暑い日だからこそ私がおススメしたい農園の商品はこちら


ピリ辛甘唐辛子です

ピーマンの代わりに炒め物にしても、丸々グリルで焼いてもおいしい素敵な商品です

しかし皆様お気を付け下さい、「甘唐辛子」という名前を付けているものの、これはれっきとした唐辛子です

名前に油断していた僕は素手で料理をし、そのあと髭剃り跡を触ってしまい、30分ぐらい激痛でのたうちまわっていました・・・

調べてみると唐辛子の痛みにはコーヒーの粉で洗い流すと良いらしく、早速試してみました。



しかししかしこれも効果があるのは5分ぐらいで、またもや激痛がぶり返して来るという始末・・・

結論、「ピリ辛甘唐辛子」は決して甘くはないので手袋をして調理しましょう(ー_ー)!!

2013
07/09


夏入るとすごく暑い
友達と一緒に仕事するのは楽です
なぜなら友達はいつも冷たい水はいてます
暑いときはちょうどいいです

1
2
3














これはいい友達です
へへっへへへへへへえへえへへへ
DSC_3566_convert_20130709232844.jpg

2013
07/09

我が家で試験栽培中のフルーツホオズキですが、



大きな実を付けました。

花が咲いてから約二ヶ月で食べ頃をむかえるそうなので、計算すると8月末か・・・まだまだだな。

それまでどうか元気で。

2013
07/06

わたくしサトイモ、昨年に引き続き、野菜ソムリエの中級を受けます。

先月の中頃から、講義を受け始めたのですが、さすが合格率30%
覚える事が多い、多い。

頭の中には、野菜の品種だったり、慣れない横文字の栄養素だったりがぐるんぐるんしています。
IMG00121.jpg


そして、試験は農業で一番大変な8月ときたものだ。
今年もいきつけのカフェで、去年と同じように勉強に励もうと思います。

2013
07/04

すくすく育っていたトマトが・・・


食害に


数日前から少し食べられてるな~と思ってはいましたが、今日行ってみたら熟したトマトが全部やられてました・・・。

犯人はカラスですが、カラス対策には死んだカラスを吊るすのが効果的とのこと・・・!

奴らの血を畑にぶちまけてやろうか・・・


と、一瞬本気で思うぐらい怒っていましたが、カラス対策にはトマトの周りに糸を張るのが良いみたいです

家庭菜園をやられている方も食害には気を付けてくださいね~

2013
07/03

これから日本語の勉強はN3です
IMGP3252_convert_20130703220535.jpg

2013
07/03

えだまめもあと少し


IMG00111.jpg


トウモロコシもあと少し

IMG00108.jpg

もうすぐおまかせ便に入ります。

2013
07/01



吉川ナスの収穫が本格的に始まりました。

賀茂茄子の親と言われるくらい歴史のある福井の伝統茄子。

ただ、歴史に興味のない我が子もこのナスが好きなんです。

皮が薄いし、中身はジューシー。そして新鮮だとナス独特のあのエグミが少ないんですよね~

子供がナスを嫌う理由は、あの独特の苦味に似たエグミではないですか?
ちょっと喉元がイガイガする感じ。

新鮮なナスは生でも食べれるというくらい別物ですので、ナス嫌いのちびっ子も一度お試しあれ。

今週も吉川ナスがおまかせ便に入るのでは?
連日の好天で元気に育っていますよ。
プロフィール

農園たやスタッフ

Author:農園たやスタッフ
<大西 康彦:写真左>
日本人農園スタッフ。
農園たやの”三人目の職人”を
目指して今日も奮闘中。
栽培担当はベビーリーフ♪

<佐藤 高央:写真右>
日本人農園スタッフ
(野菜ソムリエ)
JICAでボリビアに赴任。
帰国後、農園たやで農業を始める
笑顔が素敵な青年メガネ男子♪

<立崎 安寿香>
日本人農園スタッフ。
青森生まれ、東京の大学を卒業後、農園にやってくる。
在学中インドネシアに1年間暮らした経験があり、
インドネシア語が得意で、インドネシアが大好き。
インドネシアのことならなんでも彼女におまかせ♪

<坂本 こうへい>
日本人農園スタッフ。
茨城県生まれ。茨城県育ち。
理科系大学院卒業後、一度は化学系技術職に就くが、
農業と海外協力に興味を持ち農園たやの門を叩く。
農園No.1の真面目君。彼もまた良い意味で頑固そうだ。

検索フォーム

カウンター

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
31180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9665位
アクセスランキングを見る>>