FC2ブログ

2014
01/30

こんにちは

私、去年の一月から農園で働き始めてから今月でちょうど一年が経ちました

先日健康診断を受けてきたのですが、去年とは数値が大きく変わっていました

まずは血圧が・・・


去年は117/70だったのが、98/60に
とはいえ前回も問題ある数値ではなかったので、逆に低血圧になってしまったのかと心配です。。。(笑)

血糖値、中性脂肪が・・・


血糖値は90→79に、中性脂肪は68→36に
総コレステロールは増えていますが、悪玉も善玉もバランスは取れているので問題ないかと思います(*^_^*)


福井市在住Kさんの言葉

「もうだめかと思っていたんですが、数値が下がったんですよ。“農園たや”の野菜を食べ続けたおかげでね。」


というのは薬事法やらなんやらに抵触するので冗談ですが、この一年間食べ続けた野菜は今回の数値に大いに関係していると思います

毎日太陽を浴び、体を動かし、よく寝てよく食べる

良い生活を送っているな~と思いました
スポンサーサイト



2014
01/30

いま美味しい野菜ってなんですか?ってよく聞かれますが、

いまはベビーリーフと答えます。

IMG_1030.jpg

IMG_1028.jpg

IMG_1026.jpg

IMG_1027.jpg


ベビーリーフは1年中作っていますが、
いまの時期は葉の色鮮やかさも楽しめて、味も冬独特の濃い味、
食感もムッチリとしていて、食べ応えがあって美味しいんです。

寒い日は甘系のクリーム系のドレッシングとかがオススメ。
もう少し暖かくなったら酸っぱい系のサッパリ系ドレッシングでも美味しいですよ。

県内スーパーマーケットやJAの直売所でも買えますのでどうぞ。

2014
01/12

始まりましたね2014年!

今年の大西の目標を簡単に。

今年のテーマは「もっと僕らを知ってもらうこと」

1.僕らが知らない、僕らを知らない、
  まだ見ぬ福井県外のお客様への営業活動。

2.伝える、そして伝わる、
  たくさんの写真を撮ること。

3.そんな会えないひとたちに橋渡しできるような
  ホームページを更新し、活用する。

農業のいいこともはもちろんですが、
農業の現実・僕らの葛藤も、恐れずに話して伝えていこうと思います。

今年も農園たやをよろしくお願いします。

2014
01/11

大学2年生の頃からだっただろうか、毎年新年になると新年の目標を掲げているのである。


という事で、今年も農園での3っつの目標を掲げてたいと思います。

1、昨年の失敗を活かして、エダマメ、トウモロコシの栽培を向上させる。
エダマメはいかに背丈を小さく育てるかが肝になってくるかと思います。それと、思わぬ敵、団子虫からも実を守らなくてなりません。ここは観察が足りなかったので今年も頑張って観察を続けたいと思います。トウモロコシはいかにアワノメイガという虫から実を守る事ができるかが肝心になってくるでしょう。

2、野菜ソムリエの資格を生かす。
二年連続で資格習得のためにばかり力を注いでいました。しかし今年はその資格を生かして外に打って出たいと思います。資格習得にうん十万もかかっているのだから使わなきゃ損ですよね。

3、今あるお客様を大切に
昨年はいくつか新しくお付き合いを初めてさせて頂いたお客様がいます。そんなお客様と末長くお付き合いしていけるよう。一人一人、大事にしていきたいと思います。

ということで、今年はこの3つの目標を掲げて頑張って行きたいと思いますので皆さん、どうぞこんなさといもを今年も宜しくお願いします。

2014
01/03

農園たや通信 12月号&2013年を振り返って


第1週目

1211.jpg

今週は、国際開発学会に参加してきました~♪農業と国際開発学会ってどう関係するの?と思われるかもしれませんが、園主はかつて海外の国際協力の現場で活動していたこともあり、また現在もインドネシアの農村部から研修生を受け入れてもいるので、よりよいグローバルな農村発展についても関心があります。いくつかの発表を聞き、ちょっと頭の体操をしてきました。

1212.jpg
1213.jpg

さて、学会に参加したついでに、その周りの農家も見学に行ってきました。今回は大阪泉州でお米と玉ねぎを作っている農家にお邪魔しました。この農家さんに、かつて海外で一緒に仕事をした方が勤めていて、10年ぶりに再会もしましたよ~。

1214.jpg

こちらが社長さん。休日だというのにトラクターに乗って作業されていました。玉ねぎを植えるための畑づくりをされていました。2月ごろまで玉ねぎの植え付けがあるそうです。僕らは雪で動けない冬でも、大阪ではバンバン作業が出来て羨ましかったですね。でも、周りの住宅地がどんどん増えており、農地確保ができなくなっているとか。将来の展望も決して明るくないとおっしゃっていました。それでも大消費地近くでの農業は魅力的で、しかも冬に雪が降らないのはとっても羨ましいですねぇ。ただ水と土と空気は断然、福井の方がきれいなので(田舎なので)、野菜の味では負けないつもりです( ̄^ ̄)えっへん。

今週からドライトマトを近くの直売所「喜ね舎」で販売を開始しました。夏のトマトを低温でじっくりと乾燥させて作ったドライトマトは、まさに夏を閉じ込めたような味です。この時期はまだフレッシュなトマトもあるのですが、売れ行きは好調ですよ。農園では、野菜専用の低温乾燥機を用意して、野菜のさらなるおいしさと食べ方を追求しています。またいろんな乾燥野菜を作って行きますので、皆さんのご意見もお聞かせくださいね。


第2週目

1221.jpg

今週は園主が所属するJA福井市の青壮年部で奉仕活動をしました。JAが運営するデイケアの施設の窓ふきを役員さんたちで行いました。汚れていないように見える窓でも、ふき取ると結構汚れているもので、作業が終わると驚くほどきれいになっていました。奉仕活動に集まった人数も20名以上だったので、あっという間に作業を終わらすことが出来ました。そのまま、青壮年部では忘年会に突入し、なんとこの日は夕方4時ごろから夜の11時ごろまで飲み続けるという大変な1日になりました。もちろん、次の日は二日酔いで大変でした・・・(-_-;)。

1222.jpg

福井は、もうすぐ雪が降ります。週間予報でも週末に雪マークが出ていて、いよいよ冬本番になりますね。そんな雪に備えて、今週は農園の車両のタイヤ交換をしました。スタットレスタイヤに交換するのですが、車両(軽トラックと配達用の軽のバン)が結構多くて、取り換え作業だけでも半日以上かかってしまいました。雪国は損ですよねぇ~。でも、その降雪のおかげで、他の地域ではまねできない野菜の美味さ(甘み)になるのですけどね。

1223.jpg

農園の忘年会もしました!ちかくの焼肉屋に農園で働いてくれているみんなで行きました。若いスタッフが多いので肉もたくさん食べて盛り上がりました。1年間本当にみんなありがとう!という気持ちでいっぱいです。いろいろと良し悪しはあるのですが、家族経営からチームで行う農業へとどんどん農園も変化していっています。若い新しい発想と力で、これからも福井の農業界を活気づけていきたいです。

1224.jpg

今週は、初霜・初氷を観測しました。放射冷却で急激に冷え、朝には車のフロントガラスや野菜が凍っていました。いよいよ来ましたね、冬本番。ぐっと寒くなると、野菜たちも寒さで凍りつかないように、体内に糖を貯めはじめます。これが福井の野菜が美味しい秘密なんです。寒さで作業は大変ですが美味しい野菜づくりに励みたいと思います。


第3週目

1231.jpg

いよいよクリスマスですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?農園では年末も近くなり、あわただしく過ごしています。さて今週は、JICA北陸が主催する国際協力理解ワークショップに農園の有志と共に参加しました。インドネシアの研修生・クスワント君も参加しましたよ。国際協力の意味やこれから自分たちがとるべき行動・10年後の未来などについてディスカッションを深め、今後僕らがとるべき行動の道筋がうっすらとですが見えてきたような気がしました。農園では、インドネシアの農業・農村発展にも力をどんどん入れていく予定です!

1232.jpg

さて、この時期、忘年会が多いですよね。園主もすでに今年5回目の忘年会に参加しています。今年の出来事を忘れすぎちゃって困っています。今週は、集落内の青年団の総会&忘年会でした。若い人が30人ほど集まってワイワイと飲み食いしました。なんと、来年はその青年団の役員を仰せつかってしまいました・・・。ついでになぜか勢いでPTAの役員も仰せつかってしまいました・・・(-_-;)。飲み会では簡単に返事してはいけませんね。

1233.jpg

もうちょっとまじめな総会もありましたよ。町内会と農家組合の総会が日曜日にありました。午後1時から5時まで4時間の長丁場でした。いろいろと議題もあり、少し揉めながら、活発な意見交換ができました。コミュニティに自治があるというのは、こういうことなんだなぁって思います。なかなか若い人はこういう総会には来ませんが、これからも参加して、生意気に意見していこうと思います。

1234.jpg

雪も降りました!うっすらと全体が白くなるくらいで、昼前にはすべて消えてしまいましたが、それでも初雪です。いよいよ冬も本番ですね~。雪は面倒だなぁ~、と思うのですが、でも初雪はなぜかテンション高めになりますヽ(^o^)丿。雪が降ってくれば農作業は3倍以上大変になりますが、野菜の味は10倍美味しくなるので、皆さんお楽しみに~♪


第4週目

皆さん、今年はどんな1年でしたか?簡単にですが、農園の今年1年間を振り返ってみたいと思います。

1241.jpg

1月は、正月休みに園主はインドネシアに行ってきました。かつて農園で研修をしたインドネシア研修生たちに会いに行ってきました。それぞれ地域のリーダーとして活躍していましたよヽ(^o^)丿。でも、まだまだ栽培や販売面で課題は山積の様子でした。研修を終了しても今後も継続して支援していこうと思っています。いつの日か、おまかせ便の皆さまにも研修卒業生たちの農産物をご紹介したいと思います。
1242.jpg

2月は、農園のスタッフとインドネシア研修生たちと一緒にスキーに行きました。インドネシアの子たちは、スキーが初めての子もいましたが、もともと運動神経がよいためか、帰る頃にはみんな上手に滑っていました。いつもは農作業の厄介者の雪ですが、この日はみんなで雪を楽しみました。
1243.jpg

3月は、農園を開放してBBQをみんなで楽しみました♪農園の野菜を買っていただいている方々が集まって、みんなで収穫を体験して、その野菜でBBQをして楽しみました。こうした取り組みを大々的に行うのは今年からです。普段は農作業に追われて、なかなか食べてくれる方たちとふれあう機会が無かったので、こうしたイベントはとても楽しかったです。来年も予定していますので、皆さん是非ご参加くださいね。
1244.jpg

4月は、農繁期で夏野菜の準備で大忙しでした。空芯菜や吉川なす・ズッキーニ・バジル・ジャガイモ・モロヘイヤなどを定植し、夏に向けて栽培を開始しました。まだまだ低温なので、夏野菜の圃場の温度管理にはとても気を遣います。病気や害虫もこの時期から発生してくるので、圃場での観察は欠かせなくなります。
1245.jpg

5月に入ると夏野菜が取れはじめました。今年は春先の低温が続き、ズッキーニなどの夏野菜の収穫がやや遅れ気味になりましたが、なんとか中旬ごろから夏野菜を出荷できました。5月は、GW需要で大量に野菜を納品し、また田植えもあり、地区の行事も多く、何かと忙しい1か月でした。
1246.jpg

6月は、雨の少ない日が続きましたね。農園で栽培しているジャガイモの一部の品種(インカのめざめ)が、少雨のため枯れてしまいました。昨年とても美味しいと評判だったので、意気込んで面積を増やした矢先に、雨が少なくて収穫に至らないなんて・・・(-_-;)。農業は本当に難しいです。でも雨が少なかったため、例年よりも良い玉ねぎが収穫できました。雨が多いと病気や腐りが出やすい玉ねぎですが、今年は良質で美味しい玉ねぎを出荷できました♪

1247.jpg

7月は取材の月でした。あのルイルイの太川陽介さんが農園まで来てくれました。福井のローカル番組でしたが、約15分ほど放送してもらいました。テレビで見ていた有名人が目の前にいるって、なんだか不思議ですよねぇ~。またこの日は午前中は日テレのアグリンの家の取材もあり、1日に2つの番組の収録を行いました。こんなことってあるんですねぇ~。
1248.jpg

8月は、猛暑でしたね。福井もあまりにも暑くて、農作業が大変でした。例年だと10月まで収穫出来るバジルが、暑さにやられてしまい今年は8月前に枯れてしまいました。ルバーブもここ数年は夏を乗り切れず枯れてしまいます。やはり少しずつ温暖化しているようですね。そんな暑い中、下旬には冬野菜の準備に入ります。白菜やブロッコリ・キャベツなどの種をみんなで播きました。

1249.jpg

9月は大雨と台風の月でした。集落の中も一部が冠水しました。当然、ハウスは水浸し。たくさんの野菜がダメになりました(-_-;)。でも、露地の畑では立派なイモがたくさん取れましたよヽ(^o^)丿。悪いこともあれば良いこともある、そんな感じでしたね。夏休みを利用して大分から来てくれた大学生アルバイト君も居て、とても賑やかな9月でした。

12410.jpg

10月は、地域のお祭りラッシュでした!農園のスタッフもみんなで参加しましたよ~。もちろんお野菜も。
とくに記憶に残っているのが、地区のJA支店の新築オープンを祝って、地元青年部で企画したアカペラコンサートですね。園主が副部長を務めるということもあり、農園全体でコンサートを盛り上げました。神戸から来てくれたアカペラグループもとても素敵で、地区の方250名でコンサートを楽しみました。こうやってコミュニティの結束が強くなるんだなぁ~と思った10月でした。

12411.jpg

11月は千客万来の月でした。地域の方々だけでなく、京都の八百屋さんやインドネシアの大学教員までいろんな方が農園に遊びに来てくれました。畑に縛られてなかなか外へいけない仕事ですが、こうしてたくさんの方に来ていただいて、いろんな話を聞けたので、とても刺激になった月でした。また11月は雨も多く、ごぼうの収穫を終えることが出来ませんでした。これを書いている今も、まだごぼうの収穫は終わっていませんが、もう雪が舞っているので、たぶんごぼうは春掘りしないといけないんだろうなぁ(-_-;)。まぁ、それはそれで春ごぼうが楽しめるということで、よしとしましょう。農業って「災い転じて福となす」・「万事塞翁が馬」みたいな感じです。

12412.jpg

12月は、忘年会ですね。職場でも地域でも友人とでも家族とでも忘年会の連続でした。いろんな方に支えられてやってきた1年でした。おまかせ便を買ってくださるお客様も徐々に増え、とくに口コミで増えているようで、とても嬉しいです。本当に1年間、ありがとうございました。

12413.jpg

1月には北野くんが一流商社を辞め、青年海外協力隊に参加するために、農園へ研修に来てくれました。

12414.jpg

2月には、新しいインドネシア研修生のジャジャン君が来日。

12415.jpg

そしてその2月からスタッフの大西君が、農園のある高屋集落に家を新築して住み始めてくれましたヽ(^o^)丿。これは本当にすごいことです。人口が減る一方の集落だったので、村の人たちも驚いていました。今年の村での最大のニュースだったと思います。

12416.jpg

3月には、それまで4年間農園を支えてくれたセネガル人のイブライが退社しました。ムードメーカーの彼がいなくなるのはとてもさみしかったですね。

12417.jpg

4月には、3年間の研修を終えて、タタン君がインドネシアへ帰国しました。研修生の仲間からもアニキとして慕われていた彼の別れは、みんな大泣きでした。

12418.jpg

そして10月には、今年最大の奇跡(?)がおこりました。スタッフの佐藤が野菜ソムリエ(ジュニアソムリエじゃないですよ、ソムリエです)一発合格しました!合格率が3割を切る難関の試験でしたが、やっぱりこの男はやってくれました。こんな楽しくも頼もしい仲間たちで農業ができるのは本当に幸せです。

2014年もいろんなことに全力で励みますので、よろしくお願いします\(◎o◎)/!
プロフィール

農園たやスタッフ

Author:農園たやスタッフ
<大西 康彦:写真左>
日本人農園スタッフ。
農園たやの”三人目の職人”を
目指して今日も奮闘中。
栽培担当はベビーリーフ♪

<佐藤 高央:写真右>
日本人農園スタッフ
(野菜ソムリエ)
JICAでボリビアに赴任。
帰国後、農園たやで農業を始める
笑顔が素敵な青年メガネ男子♪

<立崎 安寿香>
日本人農園スタッフ。
青森生まれ、東京の大学を卒業後、農園にやってくる。
在学中インドネシアに1年間暮らした経験があり、
インドネシア語が得意で、インドネシアが大好き。
インドネシアのことならなんでも彼女におまかせ♪

<坂本 こうへい>
日本人農園スタッフ。
茨城県生まれ。茨城県育ち。
理科系大学院卒業後、一度は化学系技術職に就くが、
農業と海外協力に興味を持ち農園たやの門を叩く。
農園No.1の真面目君。彼もまた良い意味で頑固そうだ。

検索フォーム

カウンター

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
31180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9665位
アクセスランキングを見る>>