FC2ブログ

2014
09/28


農園たや通信 9月号

第1週目
今回はテレビに出演しましたよ♪地元の福井テレビで、夕方の情報番組「おかえりなさ~い」という番組です。農園の野菜セット「おまかせ便」を紹介するということでオファーをいただき、街角マルシェというコーナーで約10分間、おまかせ便の説明をしてきました。旬の野菜を詰合せて販売する農家は増えてきているようで、その流行を園主が代表して話をしてきました。
生番組出演は、テレビでは初めてだったので、とても緊張しました。テレビを見てる方からはわからないのですが、カメラマンの周りにも5人ほどスタッフの方がいて、とくにタイムキーパーをされている方が、次々と残り時間を書いたボードを出してくるので、ちょっと焦りました(-_-;)。全体の進行もリハーサルと全く違う質問と展開だったので、よりライブ感があった放映になったと思います。
912_201409281750374cd.jpg

野菜セットは、流通を短くして、より新鮮で、より季節を感じられる、そして何よりも食卓の隣に畑を感じてもらえるのが、一番の利点だと思います。さらに売る買うだけの関係でなく、どういう場面で食べてもらえたのか、そんな楽しさを双方向に共有できるのが、おまかせ便だと思っています。これからも皆さん、よろしくお願いします

913.jpg
めっきりと涼しくなりましたね~。空もなんだか高くなったように感じます。暑さから解放されて、農作業もずいぶんと楽になりました。膝くらいだったオクラも、この夏の間にめきめき大きくなり、身長ほどの高さまでなりましたよ。腰を曲げなくてもいいので、収穫作業も楽になりました。涼しくなっていますが、夏野菜はまだまだ元気です。オクラは、農園では遅らせて植えているので、9月が収穫本番になります。最近、農園のオクラが大人気で、あるスーパーさんは、オクラを分けてほしいと言って、農園まで取りに来てくれます。たくさん出荷するのですが、店頭に並んだ瞬間になくなるとか。そんな美味しいオクラは9月いっぱいお届けする予定です。
914.jpg
冬野菜の準備も進んでいます。先日はニンジンを播きました。天気不順で今年はいつもよりも1週間以上遅れてしまいました。出荷時期もずいぶんと遅くなってしまうかと思いますが、また冬にとても甘~いカラフルなニンジンを出荷しますので、お楽しみに。

2週目
921_20140928175043649.jpg
朝晩ずいぶんと涼しくなりましたね~。秋を感じることが多いこの頃です。秋と言えば、稲刈りですね!農園の周りでは、コシヒカリの稲刈りが始まりましたよ~。この風景がさらに秋を感じさせてくれます。さてコシヒカリは福井で生まれたお米なんですよ。知っていました?農園の田んぼ(品種はもちろんコシヒカリ)は来週くらいに稲刈りをしようと思います。
農園ではこの時期、冬野菜の準備で大忙しなんです。畑に肥料を入れるのですが、結構な面積になるため、ブロードキャスターという機械を使って肥料をやります。牡蠣殻から作った石灰肥料と有機肥料をたっぷり畑に入れて、大根やキャベツ、白菜などの畑を作ります。
922_20140928175056db9.jpg
肥料を入れた畑は、トラクターで耕起して、畝たてをします。ここまでは機械作業ですが、この後は手作業になります。機械で建てた畝をとんぼで平らにならし、機械で作った溝もスコップで調えます。けっこう力仕事なんですよ。スタッフやインドネシア実習生と一緒にやるので、面積が広いですがあっという間に畑が出来上がります。
畑を作ったら、今度はいよいよ定植です。お盆前から種まきして準備しておいた苗を丁寧に植え付けていきます。今週はキャベツ、ブロッコリ、カリフラワーなどを定植しましたよ。あとおまかせ便で大人気だったロマネスコもたくさん植えましたヽ(^o^)丿。生育が順調であれば、12月ごろから出荷する予定です。お楽しみに。
923_20140928175057e43.jpg
あと、大根も今週、畑に播種しました。これは苗ではなく、直接種を畑に播きます。ここ数年、大根を植えてから豪雨で失敗してきたので、今年は豪雨がありませんように、と祈りながらの作業でした。
925.jpg
今週は、中秋の名月でしたね。皆さんお月見しましたか?月の満ち欠けはとても不思議で、昆虫の生態にも大きく影響するんです。満月から数日後に害虫が卵から孵化して大量に発生するんです。なので中秋の名月の時は害虫の防除に追われます。同じ月でも僕ら農家は、皆さんとはちょっと違う見方をして、その暦と付き合っているんですよ。

3週目
931_2014092817505444d.jpg
一気に秋めいてきましたね~。夏野菜もそろそろ終了間近になりました。農園の田んぼも今週、収穫しましたよ~♪今年はお盆の後の天気があまり良くなったので、周りの農家の話では、小粒な米が多いらしいです。うちの米はどうなんだろうか、と心配ですが、とりあえず収穫を迎えられてよかったです。10月には新米を販売します!
932_2014092817510834f.jpg
13日の土曜日は、イベント尽くしでした。まず、今、農園の有志と農園にいるインドネシア人技能実習生とで「耕志の会」という会を作って、福井とインドネシアの農業をつなげようと活動をしています。その耕志の会で来年2月にスタディツアーを企画していて、その説明会を開きました。10名の方にご参加いただきましたよ~。インドネシアの農村の実情をみんなで体験できるといいな、と思っています。
933.jpg
説明会の後は、農園の見学会でした。20数名の方が参加してくれました。普段は栽培のこだわりをなかなかお伝えできないのですが、こういう会を通じて僕らの考えや栽培法について意見が交換できて、とても楽しかったです。
934.jpg
そしてそして、見学会の後は、農園解放イベント・BBQ食べよう会でした。今回も総勢60名以上の参加で、とても盛り上がりました。来てくださった方々、本当にありがとうございました
今回は告知から2週間ほどで定員がいっぱいになってしまい、お断りしたお客様もいました。それだけこのイベントが定着してきたのかな、と感じました。この日は、バターナッツやツルムラサキなどの夏野菜を中心に、ベビーリーフやソーメンかぼちゃなどのサラダもたくさん食べましたよ。もちろん、農園のバンド「農園たや~ず」の演奏もありました。今回は新曲ばかりで、なかでもヤングマンは盛り上がりましたヽ(^o^)丿。みんなでY・M・C・Aやりましたよ~♪
935.jpg
こうやって食べてくれる人たちと語り合うことで、僕たちはいろんなことを学ぶことができます。金銭的なやり取りだけに陥ると、どうしても得をしよう・楽をしようという怠け心が生まれてきてしまいますが、実際に食べてくれる人たちとの交流が、僕らをまっとうな生産に向かわせてくれます。

4週目
941_201409281751076b0.jpg
福井は珍しく晴天が続いていますが、みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?この時期は、秋の長雨の時期で、どうしても雨が多くなるのですが、福井では連日晴天です。今週は台風も接近しているようですが、すでに低気圧にかわったようなので、それほど風も心配ないのかな?と少し安堵しています。あとはどれくらい雨がふるのだろうか?最近は台風の場合そっちのほうが心配ですよね。
さて、天気も良く作物もすくすくと生長しています。6月に種をまいたオクラは、ついに僕らの伸長を超えてしまいました。収穫するのも今まで以上に大変です。これまで2m越えまで収穫をしたこともありますが、さて今年はどの高さまで収穫できるでしょうか。夏の豪雨でオクラの産地が影響を受けたこともあり、市場価格も高く、農園のオクラもとても人気にあった夏でした。
942_20140928175118414.jpg
この時期、畑では冬の準備で大忙しです。キャベツの定植、ブロッコリの定植、大根の種まき、かぶらの種まき、玉ねぎの苗の準備、セロリの定植、そして白菜の定植などなど。まだまだ夏野菜も元気で、その出荷をしながら、時間を無理やり作って冬の準備をしています。この時期になると、我が家の薪ストーブもそろそろ準備しなくては、と気が焦ったりもします。自宅の主暖房は薪ストーブなので、薪が準備できていないと冬を越せません。そこで今週は土曜日の休みに薪割をしました。普段の農作業で忙しく体も疲れていたのですが、なんとか2か月分ほどは準備できました。まだまだ足りないので、これから11月ごろまで、暇を見つけては薪割の日々が続きます。
943.jpg
今年は苗づくりに失敗してほとんど出荷できなかった伝統品種の吉川ナス。手持ちの種もなくなってしまって、存続の危機だったのですが、なんとか無事に来年の種を収穫できました。残っていた種で種取り用のナスを栽培していました。1400年も昔から伝わる伝統ナスで、受け継いでいくためにも自前で種取りをしています。かなり手間のかかる作業ですが、先人たちの想いを胸に、作業しています。今年、無事に種取りができたので、来年は皆さんにこのナスを十分味わってもらえると思います。ちょっと先ですが、お楽しみに。
今週は、農園でも芋ほりもしましたよ~。あれこれと忙しい1週間でした。
スポンサーサイト



2014
09/22

今日は「農園たや」でサツマイモを掘りました。
今年のサツマイモは紫サツマイモと安納芋です。どっちもとてもおいしいサツマイモです。日本では、紫さつまいもが有名ですが、私は安納芋のほうが好きです。なぜなら安納芋の方が甘いからです。インドネシアにも安納芋に似ているサツマイモがあって、Ubi Cilembu (ウビ チレンブ)といいます。甘くて、おいしくて、インドネシアで人気なさつまいもで、日本では石焼き芋ですが、インドネシアでは炭で焼くので炭焼き芋です。日本でも炭焼き芋を紹介したいです。美味しいぞう


P9220023.jpg
hui.jpg

2014
09/22

IMG_2385.jpg

農園では冬野菜の定植真っ最中です。
写真はキャベツの苗。

農業を始める前は、苗を植えたら水をたっぷりあげて・・・
と教科書通りの考えしか頭になかったんですが。

農園では露地野菜の定植後の水やりはしません。
(どうしても雨が降らないときは別ですが)

季節の天候と週間天気予報を頼りに
定植時期をさぐります。

今週の定植はこの後、水曜・木曜の雨をあてにしています。

え?それまで水はなし?と思われるかもしれませんが、
意外と水がないほうが根が水を探して逞しく伸びたりします。

すぐそばに水があると根を伸ばしたりしませんからね。

IMG_2379.jpg

必要以上に手を加え過ぎると、
かえってその子のためにならないこともあるんです。

僕らはいつでも助けてあげられるようにそばで見守っています。
なんだか人間の子育てにも似ていますよね。

2014
09/14

IMG_2333.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

また農園に遊びにきてくださいね♪

2014
09/11

私たちは、農園たやで、農業しながら、バンドをしています。農園たやバンドといいます。メンバーはイラ、ジャジャン、レンディ、ダルス、佐藤、勝木のインドネシア人4人と日本人2人の全部で6人です。今は毎週木曜日に練習しています、インドネシアと日本の曲を歌っています、曲は朝ドラの「花子とアン」の主題歌、絢香の虹色、ヤングマン 、インドネシアの歌Budi Doremiです。9月13日のたや農園であるバーべキューと10月12日で高屋町のお祭りで演奏するので、がんばるぞぉぉぉぉ。みなさーーん、インドネシア人と日本人の楽しいバンドの歌ききにきてください。まってるぞぉぉぉ。

P9110002.jpg

2014
09/08

IMG_2267.jpg

先週のクイズの答えは、白菜の苗でした。

今年は9月10日(水)から販売開始です。

順調に育ちましたが、なくなり次第終了ですのでお早めに。

904216_562938463787520_1218530189_o.jpg

ちなみにこれが去年農園の苗から育てた我が家の白菜です。

天気がいいから我が家の庭も畑作りしようかな〜

2014
09/07

夏休みに長島スパーランドへ遊びにいきました。そこで一番怖くて、早いジェットコースターがあります。それはsteel dragon 2000といいます。ならんでいるひとがたくさんいて、びっくりしました。ジェットコースタに乗ってる人をみて、たのしそう、はやく乗りたいと思いました。ジェットコースタに乗るのに1時間30分くらい並んでいたら、その時に雨がふってきて、運転がとまりました。ちょっといらいらしたけど、また運転がはじまってまた並びました。ならんでる時はながかった。大変だったけど並びました。朝10時からずっとならんでやっとのれたのは1時でした。私は、真ん中の席は安全なのでそこにすわりたいと思いました。前と後ろの席に座ったら、死ぬかもしれないと思いましたから、そこには座りたくない。でも最悪です。一番前の席に座ってしまった。乗って死ぬかな。。。。とおもいました。ジェットコースタにのって、めっちゃ早くて、怖くて、死ぬかなと思ってその時に神様に助けてくださいとおねがいしました。でも死ななかったです。よかったぁぁぁ。 。俺は強いぞぉぉ。だから、次は富士急ハイランドでもっと怖いジェットコースターに乗ってみたいです.お昼ご飯は長島スパーランドでからあげ食べたけど、石かなとおもった。ファミリーマートのスパイシーチキンのほうがやわらかくておいしいです。でもよくいってた農園たや近くのファミリーマート、つぶれてしまった。だからさいきんはたべてない。スパイシーチキンなつかしいなぁぁ。


say.jpg
P8140104.jpg

2014
09/04

まず、インドネシアの家庭で食べる「サンバル」を紹介します。「サンバル」は唐辛子から作る辛いソースです。作り方は、唐辛子、赤たまねぎ、ゆでたにんにく、皮をとったトマト、塩、砂糖、味の素、を混ぜて、つぶして、そしていためます。インドネシア人は野菜や肉やご飯にサンバルをかけて食べます。日本人みたいに、野菜にドレッシングはかけないで、「サンバル」をつけます。私はおかずがなくても、サンバ」レと白いご飯があれば幸せです。
インドネシアにいた時にサンバルをいつも食べてたけど、日本にきて、唐辛子は夏しかないので、「サンバル」が食べられませんでした。でも、今年の夏、唐辛子を育てて、インドネシアの「サンバル」を作りました。からいけど、おいしかった。ごはんと「サンバル」だけでも、めっちゃおいしいです。「サンバル」食べるとごはんがすすむ君です。食欲もでるぞぉ。日本人の友達にあげたら、「からくて、おいしい」と言われて、とてもうれしかった!!!!その友達は「サンバル」とご飯をたくさん食べていました。また、作って、日本人にインドネシアの「サンバル」を食べてほしいです。
インドネシア人は辛いものが大好きです。インドネシアでは辛いという言葉は、「pedas プダス」と言います。
インドネシアの食べ物は「pedas プダス」ですが、おいしいです

cabe.jpg
sega-sambel-Mak-Yeye_20140904204027543.jpg

2014
09/01

IMG_2215.jpg

さぁ〜これなんの苗だと思いますか?

冬に鍋に入れて食べるあれです。

こんなに小さいのに冬にはずっしりと重くなるあれです。

IMG_2208.jpg

このかわいい苗は、家庭菜園用に買われていったり、
うちの農園や他所の農家さんでも育てられます。

この謎の苗の販売はもう少し大きくなってからです。
苗の販売時期が決まり次第またこのブログでお知らせしますね。
噂ではあと一週間くらい先?と小耳に挟みましたが、この後の天気次第です。

※謎の苗の正体は8月の農園たや通信に書いてますよ。

2014
09/01

農園たや通信
8月第1週目

811.jpg

先週の土曜日は、地元農協青年部の県組織のイベントでした。それぞれの支部の活動発表や個人の想いをぶつける青年の主張など、熱い発表がありました。園主も4年前にこの場で発表したことを思い出しました。普段は気恥ずかしさもあって言葉にできないことも、こういう場をかりてみんなに伝えることができるというのはとてもいいイベントだと思います。

812.jpg
その発表の後、農水省の経済局長を交えて討論会を行いました。総理大臣や農林大臣の国会答弁の原稿すべてに目を通す方らしいです。今の農業政策がどこへ行こうとしているのか、農家の立場からいろいろと質問しました。しどろもどろの僕らの質問に、経済局長さんは、とても真摯に答えてくれました。ただ、やはり農水省は今、市場原理主義なんだということが分かりました。中山間地や農業の環境保全への評価はほとんどなく、儲けられない農業は言葉柔らかに、この業界からの退場した方がいいような言葉の言い回しでした。大事な税金ですが、見えない価値に光を照らす努力をせず、解りやすい市場での価値のみに特化したようなお答えは、まさに今の安倍政権を支える方の発言らしかったです。僕とは相容れないお答えの連続でした。

813.jpg
そのイベントの後は、地元公民館で夏祭りがありました。地元の農協青壮年部の仲間で、米ふかしのお菓子を販売しました。お祭りが終わる前に、お菓子は完売し、とても大好評でした。この組織に集まってくるメンバーは、ほとんどが兼業農家で、農地へのそれぞれの想い入れを持った、地域を作っていくメンバーばかりです。農水省の経済局長から見れば、無駄な投資をしつづける個人や組織と見えるかもしれませんが、僕らはそんな単純なロジックで地域を作っているわけではありません。討論会の後だったからか、メンバーともそんな想いを熱く語り合うことができました。

814.jpg
火曜日には、米の追肥をしました。今から穂が出てきますが、その穂のための肥やしです。10キロの機械に、有機肥料20キロの肥やしを入れて、それを背負ってぬかるんでいる田んぼの中を歩きます。なかなかハードな作業で、米の価格がどんどん下落している今、うちの集落で穂肥をふっているのは、もう僕以外いないんじゃないかって思います。儲けを考えていたら、あまり効率的な作業ではありませんが、こうして生育を見ながら細かく肥料を与えていくことで、とても美味しいお米になるんですよ。お米はまた10月ごろから販売しますのでお楽しみに。

8月第2週目
トマトの収穫が本格的に始まりましたヽ(^o^)丿。福井ではトマト農家さんはこの時期は収穫がなく、秋に向けて畑の準備をしているころなのですが、農園ではその間をぬぐってトマトを栽培しています。農園のトマトはロケット型のミニトマトで、「アイコ」という名前の品種なんです。甘味と酸味のバランスがよく、加熱調理してもおいしいトマトなんですよ。
821_201409010602019e1.jpg
あんまりにもたくさん取れるので、そのトマトの一部は乾燥機でドライトマトに加工もしています。
暑い毎日が続いていますが、皆さん熱中症対策はしていますか?農園では作業のほとんどがハウス内ということもあり、暑さもハンパないです(-_-;)。体調管理も大変で、ついつい作業に集中しすぎて水分の取り忘れもあります。そこで熱中アラームを導入しました。
823.jpg
気温と湿度以外にも日射や輻射熱も計測して、危険度合いをアラームで知らせてくれます。みんなで声を掛け合って水分や休憩を取るようにしています。
824.jpg
さて、今年も早稲田大学生が農業体験でやってきてくれました。元気の良い2年生の勝田君です。経営学を勉強したいといっていた彼は、僕らの農業経営にとても興味があるようでした。既存の市場やJAなどを通さずに販売することで農産物の単価を上げられるという考えでいるようですが、それはケースバイケースかな、と思います。自分たちで販売するためには、それだけの時間を費やさないといけません。よく農家仲間とも話をするのですが、「農作業で毎日が一杯で、営業なんてやっている時間がない」というが僕らの実情です。新しい販売経路による野菜の単価が上がることは魅力ですが、その分、栽培がおろそかになってしまうのでは、なんだか本末転倒ですよね。学生さんの直球勝負の意見は、僕らも自らを省みるという意味で、考えさせられることも多いです。

さて気が付けば、この8月でおまかせ便も4年目に突入いたしました。たくさんの方からご支持をいただき、本当にありがとうございます。もともとは一人の知り合いのお母さんの叫びから始まったおまかせ便でした。2011年の3.11以後、原発の事故で関東の農産物に対する不安感が高まっていました。乳飲み子を抱えたその女性は、毎日何を食べたらいいのか困ってしまっていました。そこで農園の野菜を送ったのが始まりでした。毎月、農園で取れる野菜を詰合せて、その友人に送っていたのが口コミで広がり、今のように皆さんのもとに届けるおまかせ便になっていったわけです。やってみると、これほど農家にとって楽しいものはありませんでした。今までは聞こえなかった“食べてくれる方々”の声が直接届くからです。これからも皆さんとのやり取りを楽しみながら、おまかせ便を送りたいと思います。

8月4週目

841_20140901060219756.jpg
お盆前の農園は、お客さんがたくさんでした。農林中金の新人研修の一環として、農園で農作業体験のため、二人の若者がやってきてくれました。とても暑い中での作業でしたが、とても前向きに取り組んでくれて、受け入れている僕らもとても楽しかったです。
農業の実際の現場を知ってもらって、それぞれの仕事でも活かしてもらえたら受け入れた僕らとしてもうれしいですね。彼らの活躍を期待したいです。

842_20140901060221e52.jpg
さて、皆さんお盆休みはどこへ出かけましたか?今年はとても変な天気で、お盆期間中、福井は雨ばかりでした。しかも一度降り出すと、スコールのような雨で、ハウスに水が差さないか、など見回りをしなければいけないため、なかなか休暇中とはいえ、休めない天気でした。そんな中でも、なんとか岐阜まで足を延ばし、アクアトト岐阜まで遊びに行ってきましたよ。淡水魚だけの水族館という珍しい施設です。インドネシアでも見た大ナマズなどがいて、ちょっと懐かしかったです。

843.jpg
お盆明けは、毎年恒例の白菜苗の育苗開始です。ペーパーポットに土を詰めて、そこに白菜を播種するのですが、まずはその土の準備からです。堆肥や川砂、山土、もみ殻などを配合した土をふるいにかけて、育苗に最適の細かな土を作ります。この作業がなかなか大変で、土煙に包まれながらふるいを振ります。顔や鼻の奥までまっくろになってしまうのですが、良質の土を準備することが、しっかりとした苗づくりにつながるんです。何気ない作業ですが、こうした凡事を徹底し、それを積み上げていくことが、美味しい野菜作りにつながります。

844.jpg
インドネシアの実習生の卒業研究も佳境に入りました。今年3年生のカダルスマン君は、日本の稲の生育について勉強しています。その実験用の稲も穂が出始め、スズメたちの餌場になってしまっていました。そこで鳥に食べられないように網をかけました。彼らの田舎では、あまりモノが豊富にないので、いろんなものを手作りする必要があるためか、こういった作業はみんな本当に器用にこなしますね。この日も短時間で、稲に鳥よけの網をかけていました。本当の豊かさってこういう技の中にもあるような気がします。

8月第5週目

851_20140901060244bd5.jpg
雨が多く曇天がつづく福井ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?全国的に、豪雨の被害が出ています。被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

852_201409010602456e2.jpg
さて農園では、夏のこの時期から冬の準備が始まっています。今週は白菜の種まきを行いました。紙で出来たポットに特殊配合の土を詰めて、そこに1粒ずつ播いていきます。農園で栽培する白菜の分もありますが、ほとんどは販売用です。9月には、他の農家にも苗を販売しますよ。

853_20140901060239d86.jpg
今週は、福井テレビの取材もありました。夕方の番組「おかえりなさ~い」に、なんと農園のおまかせ便が取り上げられることになりましたヽ(^o^)丿。「おかえりなさ~い」は街中からの中継で放送される生番組ですが、農園の風景が分かるようにと、あらかじめ農園の様子を録画しに来てくれました。旬を一緒に食べまわす仲間が少しでも増えたらいいなぁ。
ちなみに、写真はモロヘイヤを収穫するカダルスマン君を福井テレビの方が撮影している風景です。モロヘイヤって背丈ほども大きくなるんですよ。知っていました?

854.jpg
855.jpg
農園の周りでも今週は豪雨がありました。ハウスの周りの排水路もあまりの雨量に水没してしまいました(写真左)。こうなると雨水がハウス内に侵入し、作物が傷んでしまいます。そこで別に用意したポンプで強制排水します(写真右)。数年前から降雨の多さにたびたびハウスの作物がやられてきたので、豪雨対策として4台のポンプを常設して対策しています。これからの農業はこの異常気象との戦いになるんでしょうか?とても不安です。

8月はこうして過ぎていきました。
皆さんはどんな8月だったでしょうか?
プロフィール

農園たやスタッフ

Author:農園たやスタッフ
<大西 康彦:写真左>
日本人農園スタッフ。
農園たやの”三人目の職人”を
目指して今日も奮闘中。
栽培担当はベビーリーフ♪

<佐藤 高央:写真右>
日本人農園スタッフ
(野菜ソムリエ)
JICAでボリビアに赴任。
帰国後、農園たやで農業を始める
笑顔が素敵な青年メガネ男子♪

<立崎 安寿香>
日本人農園スタッフ。
青森生まれ、東京の大学を卒業後、農園にやってくる。
在学中インドネシアに1年間暮らした経験があり、
インドネシア語が得意で、インドネシアが大好き。
インドネシアのことならなんでも彼女におまかせ♪

<坂本 こうへい>
日本人農園スタッフ。
茨城県生まれ。茨城県育ち。
理科系大学院卒業後、一度は化学系技術職に就くが、
農業と海外協力に興味を持ち農園たやの門を叩く。
農園No.1の真面目君。彼もまた良い意味で頑固そうだ。

検索フォーム

カウンター

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5180位
アクセスランキングを見る>>