FC2ブログ

--
--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07/13

今夜は福井市の農業青年クラブ(4Hクラブ/みどりクラブ)の例会に参加。

IMGP7343.jpg

いろいろな呼び方があるが、この組織は農園のお父さんの時代から続いているクラブで、4Hクラブの4Hとは、

農業の改良と生活の改善に役立つ腕(Hands)を磨き、
科学的に物を考えることのできる頭(Head)の訓練をし、
誠実で友情に富む心(Heart)を培い、
楽しく暮らし、元気で働くための健康(Health)を増進するという、
同クラブの4つの信条の頭文字を総称したもの。らしい。

まぁ僕の感覚で簡単に言えば、
若手の農業者が集まってみんなでなにかやろう!という全国組織の支部。

IMGP7348.jpg

IMGP7349.jpg

今夜も今年のプロジェクトの詰め作業。
今年のプロジェクトは百貨店の屋上の菜園スペースの管理をクラブで担当する。
植付けから収穫まで参加者と交流イベント。

数年前からこのクラブにいるけどプロジェクトのメインは消費者交流が多い。
ただ、このクラブにいると数少ない農業者同士の交流もできる。
農業の楽しさとか悩みとかを分かち合える。
参加者は皆炎天下の日中の作業を終え、
ふらふらでもこの会に集まるんだから感心する。

この感じは農業界独特で、他の業界じゃあまりない味わえない雰囲気かな。
スポンサーサイト

2015
07/07

IMGP6642.jpg

今年も虫の季節が始まっている。

農薬散布を定期的に行うことも効果的だが
個体数が増え過ぎる前にコントロールすること、
現状を把握することが最も大事だと感じている。

ベビーリーフに虫食いがあると出荷できる数量が減り、
最悪の場合は出荷を制限しないといけなくなる。

また、虫食いが多いと収穫する人間の負担も大きくなる。

IMGP6688.jpg

こんな状態から虫食いのないベビーリーフを選んで収穫するのは至難の技。
収穫時間もいつもの何倍もかかるし
夏の暑さも相まってスタッフの体力をさらに消耗させる。

半信半疑で黄色い粘着シートを設置してきたけど、
効果的な設置場所と設置時期を繰り返しテストして
先月から多くの成虫を捕まえることができるようになっている。

IMGP6651.jpg

収穫を終える頃には1体に40匹もの成虫が捕まっていることも。

だから、できることはなんでもしよう。
この夏をスタッフみんな笑顔で乗り切るために。
プロフィール

農園たやスタッフ

Author:農園たやスタッフ
<大西 康彦:写真左>
日本人農園スタッフ。
農園たやの”三人目の職人”を
目指して今日も奮闘中。
栽培担当はベビーリーフ♪

<佐藤 高央:写真右>
日本人農園スタッフ
(野菜ソムリエ)
JICAでボリビアに赴任。
帰国後、農園たやで農業を始める
笑顔が素敵な青年メガネ男子♪

<立崎 安寿香>
日本人農園スタッフ。
青森生まれ、東京の大学を卒業後、農園にやってくる。
在学中インドネシアに1年間暮らした経験があり、
インドネシア語が得意で、インドネシアが大好き。
インドネシアのことならなんでも彼女におまかせ♪

<坂本 こうへい>
日本人農園スタッフ。
茨城県生まれ。茨城県育ち。
理科系大学院卒業後、一度は化学系技術職に就くが、
農業と海外協力に興味を持ち農園たやの門を叩く。
農園No.1の真面目君。彼もまた良い意味で頑固そうだ。

検索フォーム

カウンター

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
19016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6850位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。