FC2ブログ

2016
02/28

農園たや通信2016年2月号

第1週目
211_20160228054633ac9.jpg
節分も過ぎ、いよいよ春です。まだまだ寒くて雪のちらつく日もあるよ、と思われるかもしれませんが、僕ら農家にはもう春を感じています。まずは毎日の日の出・日の入りがちょっとずつ早く&遅くなってきていることです。それと雪雲が途切れた時にさす日差し。もうずいぶんと温かいなと感じるようになりました。春ですね~♪
さてこの季節になると多くなるのが総会です。今週は、農園のある河合地区の農協青壮年部の総会があり、主催者として出席しました。地区の文化的活動の多くを農協青壮年部が担っていますが、今年も地域を盛り上げるためにいろんな活動をしていこうと思います!
212_2016022805462708b.jpg
インドネシアとSkypeで会議もしました。農園で研修を受けたインドネシアの実習卒業生たちが、地元で勉強会を開き、それに日本から参加しました。インドネシアの農業の現場で起きている問題をダイレクトに話し合いました。今回の議題はマーケティングでした。家族経営や小規模農家の場合、マーケティングしたくてもその時間をねん出できず、それをすれば生産が疎かになったりと、日本でも起きているような問題点を彼らも抱えていました。福井に居ながら、インドネシアの農村開発も一緒に行えたらなぁ、と思ってここ10年やってきましたが、こうやってようやくその準備も整いました。毎月1回開催予定の勉強会とのことで、これからも一緒に彼らと考えていけたらな、と思っています。国境を越えて地域と地域をつなげていくことが、それぞれの地域が都市などの中心地に引きずられることなく独自の発展を遂げられるのだと信じて、これからもいろんなことに挑戦していきたいです。
213_20160228054628ef1.jpg
さて、春になると始まるのがサクラマスの釣りが解禁になる、ということでしょうか。農園のそばを流れる清流・九頭竜川ではサクラマスが遡上する珍しい川です。全国からこの時期になると釣り人が集まって幻のサクラマスを釣ろうと腕を競い合います。今年も解禁になった今月の1日からたくさんの人がやってきていました。地元の青年会や漁協などに参加し、園主も川の美化に務めています。サクラマスが遡上するようなきれいな川だから、その川の水を使った農業でも美味しい農産物が作れると思っています。
214_20160228054629b32.jpg
冬の根菜とセロリをピクルスにしました。去りゆく冬をちょっとでもとどめて楽しもうという試みです。旬を惜しむ、そんな季節ですね、2月は。皆さんもピクルス挑戦してみてくださいね。


第2週目
221_20160228054631fca.jpg
暦の上では春になりました♪春はなんだかウキウキしますね。まだまだ寒い日が続きますが、太陽が顔を出すと日差しの暖かさを感じます。やっぱりもう春なんですね。
春になると農業も忙しくなります。夏に収穫する野菜の準備にこれから追われます。今年もいろんな種類の野菜を植え付ける予定で、農園のスタッフの皆とも何を栽培しようかとわくわくしながら話し合いました。おまかせ便にもどんどん入れていきますので、どんな野菜が入るのか、お楽しみに♪
222_20160228054646293.jpg
何の種を播くかをみんなで考えたら、今度はその種を播くための温床作りです。まだまだ北陸の春は寒いので、普通に種を播いても芽は出ません。そこで電熱線で温度を上げて、もみ殻を保温材として使用して温床を作ります。毎回手作りでやっています。熱が隅々まで届くように、電熱線を張る作業は丁寧に行います。これからこの温床で、順次夏野菜の種を播いていく予定です。今週はレタスの種を播きましたよ~。
223_2016022805464050e.jpg
インドネシア実習生のジャジャン君が、もうすぐ帰国します。それに合わせて農園が主催する自主勉強会(アンビシ勉強会)にジャジャン君がこれまでの成果をプレゼンしてくれました。帰国後は農園で学んだ農法を応用して、ソシンというアブラナ科の野菜の周年出荷を目指します。勉強会のメンバーからも活発な意見がやり取りされ、とても有意義な勉強会になりました。ジャジャン、君の成功を祈ります!
224_20160228054641113.jpg
225_20160228054643bde.jpg
勉強会では、園主とスタッフのすーちゃんが中心になって、農園の野菜を使った料理を提供しました。根菜類のピクルスや干し柿のブランデー漬けを混ぜたクリームチーズのペースト、オリーブとドライトマトのマリネ、農園の野菜盛りだくさんのバーニャカウダー、セロリのオイル蒸し、大根のドライカレー、そしてすーちゃんの故郷・青森のリンゴを使ったアップルパイでした。夜遅くまで飲み食いをしながら議論をしました。こういう時間って本当に楽しいですね。


第3週目
231_201602280546448af.jpg
今週はインドネシアの実習生たちの座学のテストがありました。1年に2学期を用意して、座学をしていますが、その座学の試験でした。それぞれが自分の地元のグローバリゼーションの問題を考察して、ローカルにどう行動することでその問題に対応していくのか、と言ったことを考えてもらう課題でした。1年生と3年生とでは、やはりそのクオリティーに差が出ましたね。3年生の発表は、今回で最後になります。最後の発表ということで、とても総合的に問題を捉えていて、3年生の成長が確認できました。帰国後も困難なことが多いでしょうが、これだけ考察力を身に着けた彼であれば、きっと成功すると思います。
232_20160228054658a13.jpg
さて、先週に種まき用の温床を作ったので、さっそく種まきを始めました。手始めに茄子を4種類ほど播きました。昨年は茄子は吉川ナスのみを育てていましたが、今年はこれまでのようにさまざまなナスに挑戦しようと思います。去年はどうしても地域の役や所属団体の大きな役職が回ってきていて、自分でもついつい内向きになっていたように思います。今年は、もっと農業を楽しもうと思います。多様な品種を今年もたくさん育てていきますよ~♪おまかせ便に入りますのでおたのしみに。
233_20160228054659088.jpg
さてさて、今週は東京出張もありました。3泊4日で、JICAや農協青年部の会議、農水省での会議といろいろと忙しい日程でした。同時進行でいろんなことが進んでいくので、ちょっと混乱気味の園主です。その合間をぬぐって、自分が大学生の時にお世話になった師匠たちに会いました。偉そうなことばかり言う当時の僕を根気よく導いてくれた人たちで、今の自分があるのもこの方たちがあってのことです。この夜も師匠たちの当時以上にエネルギッシュな話にすっかりやられてしまいました。今でも最前線で日本の農業や地域を変えていく力として存在している師匠たちに、僕も覚悟をもって突き進むことを決めました。もうひと暴れしたい、そんな気分の夜でした。
234_2016022805465334f.jpg
出張中は、昼は会議・会議・会議でした。県の代表として参加している全国農協青年組織協議会では、次年度の活動や役員編成の話などがありました。来年度は園主もようやく県代表の任を解かれる予定で、ほっとしております。全国の会議に参加するのは、農作業がそれだけ遅れるという意味で大変でしたが、県の代表で出てくるくらいの農家は皆、面白い方ばかりで、たくさんの刺激を頂きました。


第4週目
241_2016022805465568d.jpg
二十四節気の雨水が過ぎました。この時期から農作業が始まるという意味で、僕らにとっても大切な暦になります。今週は、加畑霜子先生が主催する俳句会に参加しました。昨年からぼちぼちと始めていた俳句ですが、いよいよ本格的に勉強しようと思って、先生の下できちんと勉強できる句会に、スタッフの立崎と参加しました。40歳も過ぎてからの趣味なので、下手の横好きで終わるかと思いますが、季節を敏感に、そして深く読み取る俳句を楽しんでいきたいと思います。ちなみに今回の句会で詠んだ句は次の通りです。田谷「薄氷(うすらい)の踏む音かろし金曜日」。立崎「思い出の味を辿りつ種選ぶ」。
242_201602280546567bb.jpg
さて、今週はインドネシアのジャジャン君がインドネシアに帰国しました。帰国前に農園で働いている方みんなでお別れ会を開きました。卒業証書も渡して、みんなで食べて歌って騒ぎました。ありがとう、ジャジャン!君が来たから、こうしてみんなで楽しく歌うような農園になったよ。3年間とても楽しい時間でした。帰国後の活躍を応援していきたいです。
244_2016022805470879b.jpg
ジャジャン君が帰ると、次の研修生がやってきました。デデ君といいます。彼で10人目の研修生受け入れになります。彼は2期生のイルファン君と同郷で、中学生の時にイルファン君が農園たやに研修に来たのを見て、それに憧れて、ここに来ることを目標に勉強をしてきた若者です。とても意識が高く、楽しみな子が来ました。長年、研修事業をやってきましたが、こういう風にいろんなつながりの中で、インドネシアに影響をあたえているのだな、とつくづく思いました。身を引き締めて、これからも研修事業を充実させていきたいです。
245_201602280547104b4.jpg
今週も種まきです。モロヘイヤやツルムラサキ、ブロッコリーなどを播きました。まだまだ寒いですが、農民の気持ちはもう夏に向かっています。どんどん種まきをして皆さんに美味しい野菜を届ける準備をしてきますよー!変わった野菜もたくさん播く予定です。どんな野菜なのかは、おまかせ便でご紹介していきますので、乞うご期待。
スポンサーサイト



2016
02/13

春の暖かい風が農園に吹いています。

今週末は平年より10℃も暖かかいみたいです。

野菜の管理もバタバタとしていました。

_IGP0968.jpg

そんな中、春の野菜「西洋なばな」が福井市の直売所だけですが出荷が始まりました。

数が少ないので見つけた方は是非春の苦味を楽しんでくださいね。

2016
02/02

今週は立春ですね。
曇天が続く福井の真っ暗な冬も2月は結構晴れてくれます。

奈良に住んでいた頃はなんとも思いませんでしたが、
久しぶりに晴れたりすると気持ちいいものですね。

_IGP0233.jpg

ベビーリーフも気持ちよさそうに朝日を浴びていました。

2016
02/02

農園たや通信 2016年1月号

第1週目
111_20160202043935e6c.jpg
【謹賀新年】あけましておめでとうございます。農園では今年も「美味しい!」と言ってもらえるような野菜づくりに挑戦し続けていきます。若手が多く、技術的にもまだまだ未熟ですが、チャレンジしていく気持ちと既存の概念に捉われない柔らかな頭脳だけは、どの農園にも負けません!今年もよろしくお願いいたします。

112_2016020204393740c.jpg
さて、園主は年末年始をインドネシアで過ごしました。農園で受け入れているインドネシア実習生を訪ねる旅でした。農園で身につけた技術と知識でインドネシアの農村でがんばっている仲間を訪ねる旅はとても刺激的でした。農業資材の勤め先を辞めて、昨年から農業一本に絞って仕事を始めた実習卒業生の畑に、これまでの実習生が皆あつまって議論を広げました。農園で経験した学ぶことの大切さを実践するために、自分たちも勉強会を立ち上げるという、まさにその場に居合わせることができ、とても幸せでした。学ぶからその先が見えてくる。まさに園主が夢想して止まない『考える農民』そのものの姿がそこにはありました。彼らに負けないためにも、僕ら【農園たや】も学びながら走り続けようと思います!

113_201602020439376fc.jpg
さて、実習生を訪ねた後は、ジョグジャカルタに寄って、ボロブドゥールに初詣しました。大乗仏教の遺跡なので、まぁ、初詣ということにしてください。元日に行ったのですが、普段以上に賑わっていて、大変混雑していました。昨年から園主は俳句を趣味にしていて、その風景を眺めているうちに詩想が湧き上がり、そこで一句。
「新年や 仏の山にも 花が咲く」 

114_20160202043939cc3.jpg
さて、新春ということで福井の地元の市場でも初競りが行われました。ニュースになったようなマグロで1400万円なんて価格は出ませんでしたが、ご祝儀相場で盛り上がりました。昨年から今年にかけてあまりにも暖かすぎて、野菜の生長が止まりません・・・(-_-;)。そのため全国で大量の野菜が出荷されており、大きく値崩れしています。初競りでは価格が良かったものの、その後はやはり価格は元の低価格にもどってしまいました。消費者の方々にはとてもいいことだと思いますが、僕ら生産者にとっては、どうやってやりくりしようかと頭が痛いところです。やはり冬はしっかり寒くならないと、いろんなところに狂いが出てきてしまいますね。

第2週目
121.jpg
あけましておめでとうございます。どのようなお正月を過ごされましたか?園主は年末年始はインドネシアに行ってまいりました。仕事半分でしたが、それでもジョクジャカルタの遺跡にも遊びに行きましたよ。今年は申年ということで、その遺跡のレリーフからサルを探して写真に収めてきました。ヒンドゥー教のラーマーヤナでは、サルはハヌマーンという神で、とても重要な役割を持っています。今年はそういう意味では、皆さんにとってもとても重要な年になるのかもしれませんね。少なくとも農園は、そういう年にしたいと思っています。

122.jpg
さて、今年は本当に暖冬ですね。この時期になってもほとんど雪が降らず、珍しいです。水仙も年末から咲き始めて、今満開ですね。雪が無いので、水仙たちも心地よさそうに咲いていました。
雪が無いのは、良い事ばかりのようにも思えますが、野菜の生育にはあまりいい影響ばかりとは言えません。もちろん、雪が無いので作業は楽です。でも予定よりも野菜の生長がよく、計画通りに出荷できないので、頭が痛いところです。また雪が降らないと、害虫たちが活動を停止しないので、春になると虫の害がひどくなるのではないかと心配もあります。雪が降らなければ、雪解け水が足りなくなるので、田植えの頃に水が不十分になるんじゃないか?と心配する声もちらほら聞こえてきます。寒くないのは僕らの目の前の生活の中では良いことですが、自然の中では必ずしもそうとは言えませんね。やはり冬は雪が降って、しっかりと寒くなってほしいものです。

123.jpg
地元の農林高校の始業式で、インドネシアへ交流事業で訪問した学生さん達が、その成果を発表してくれました。農園でもインドネシア訪問のお手伝いとして日程の調整や各機関との連絡、また農園のスタッフによるインドネシア語講座など、充実した交流が実現するように陰に日向に支えてきました。
特に、インドネシア語の講座を担当したスタッフには感慨深かったようです。発表の内容を聞いて、「みんなインドネシアを好きになってくれたので良かった」と話してくれました。僕らも最初はこういうきっかけだったように思います。こうしてその国やその地域が好きになって、そして今また、その時の役割のバトンを受けて、新しくいろんな人にインドネシアを好きなってもらうような活動をしているんだと思います。農園は、今年も全力で、人も野菜も育てる農園を目指して突っ走っていこうと思っています!

第3週目
131_201602020440123ef.jpg
新年早々ですが、農園の仲間がまた一人旅立っていきました。2年ほど勤めていただいたパートさんで、とても明るくて仕事のできる方でした。彼女もまた農園に新しい風を呼び込んできてくれました。彼女は、一昨年の村祭りに、インドネシアの子たちと一緒にバンドを組んで出演してくれました。これのイベントへ向けて、農園のバンド活動は絶頂期を迎えました。またインドネシアへのスタディツアーにも積極的に参加してくれました。お別れはさみしいですが、彼女が運んできた風は、しっかりと農園の『風土』となって受け継がれていくことでしょう。

132_2016020204401396e.jpg
園主が世話人となっている農業者の勉強会がありました。今年1回目ということで、福井が生んだスター農家の1人、サツマイモの吉村くんに発表してもらいました。経営中心の話で、頷ける話が多く参加者からも好評でした。県などが指導するようなセミナーで販売戦略などをきいてもピンとこないのですが、やはり実践的にやって来た農家の話は面白いですね。この勉強会は今年で6年目になります。みんなで読んだ本の冊数も100冊以上になりました。今年もまだまだ勉強会を主催して農業界を盛り上げていきたいと思っています。

133_20160202044015c33.jpg
週末には、インドネシアの子たちを連れて、原子力発電所の勉強に行きました。経済発展が著しいインドネシアでは、原発を建設する計画があります。でもインドネシアも日本と同じ、地殻プレートの合わさる上にある島々なので、地震も火山もとても多い国です。東日本大震災を受けて、どんな対応を福井の原発がとっているのかを検証するためにみんなで博物館へ行きました。説明では安全と歌っていましたが、使用済み燃料の問題や津波の防波堤の低さ、活断層の上に建てられているなど、まだまだ対応が不足しているのが正直な感想でした。

134.jpg
雪!降りましたねー。首都圏や名古屋などの普段降らない地点でも降ったようで、皆さんのお住まいの地域はいかがでしたでしょうか?雪国福井は、もう一面銀世界です。畑も雪の下です。野菜の収穫も大変になりますが、雪の下になることで、野菜の甘さがぐっと増すので、これからが美味しいですよ。

第4週目
141_20160202044023f1b.jpg
雪降りました!北陸も結構降ったのですが、それ以上に西日本が大雪でしたね。皆さんのお住まいの地域はいかがだったでしょうか。被害が無いことをお祈りいたします。農園は、すっぽりと雪に埋まってしまいました。今回は、かなり気温が下がり、ハウスの雪を解かす融雪装置もトラブル続きで、ちょっと焦りました(-_-;)。特にメインの井戸が凍ってしまって動かなくなったときには、ハウスが雪で潰れてしまうのでは!と少し心配にもなりましたが、何とか事なきを得ました。全国的に見ると雪でハウスの倒壊も多かったようですね。明日は我が身と思い、施設の点検は怠らないようにします。

142_20160202044025c7c.jpg
インドネシア実習生の3年生であるジャジャン君が、卒業研究を福井農林高校で発表しました。3年生の1年間、卒業研究を行ってきましたがその成果を日本語でプレゼンテーションしました。卒業研究内容はアブラナ科野菜の根こぶ病防除です。農薬に頼らない防除法として太陽熱処理を行うという実験をしました。なかなか熱が上がらない、雑草が生えて大変、などの問題を抱えての実験でしたが、それらの対処法を追及していく過程もまた勉強だと思います。実験の結果を得ることで技術的にも成長しますが、それ以上にこうしたロジカルに考える力をつけることが一番大事だな、と思っています。発表も原稿を見ずにプレゼン出来て、とても良かったです。ジャジャン君以上にこっちが緊張しました。

143_201602020440274e3.jpg
さて、農園では有志が集まって小さな句会を開きました。サボテン句会と言います。俳句を通じて四季折々の変化に敏感な感性を磨こうと思っています。今回の秀作は、立崎が詠んだ「かまくらを拵へし祖母の偉大さや」でした。園主も「空薫の森の香はぜる暖炉かな」と詠みました。17音に込める想いは、詠み手の手を離れて、それを解釈する人々の思考の中を自由に飛び回るという宇宙を楽しんでいます。俳句、とてもキラキラして面白いですよ(*´∇`*)。

144_20160202044028392.jpg
農園のスタッフで新年会をしました。昨年の売り上げを見ながらあれこれと議論をしました。買っていただけるというのはそれだけ支持をされたということなので、気が引き締まる思いです。今年も皆さんから美味しい野菜だと言ってもらえるように、一所懸命努めたいと思います。



プロフィール

農園たやスタッフ

Author:農園たやスタッフ
<大西 康彦:写真左>
日本人農園スタッフ。
農園たやの”三人目の職人”を
目指して今日も奮闘中。
栽培担当はベビーリーフ♪

<佐藤 高央:写真右>
日本人農園スタッフ
(野菜ソムリエ)
JICAでボリビアに赴任。
帰国後、農園たやで農業を始める
笑顔が素敵な青年メガネ男子♪

<立崎 安寿香>
日本人農園スタッフ。
青森生まれ、東京の大学を卒業後、農園にやってくる。
在学中インドネシアに1年間暮らした経験があり、
インドネシア語が得意で、インドネシアが大好き。
インドネシアのことならなんでも彼女におまかせ♪

<坂本 こうへい>
日本人農園スタッフ。
茨城県生まれ。茨城県育ち。
理科系大学院卒業後、一度は化学系技術職に就くが、
農業と海外協力に興味を持ち農園たやの門を叩く。
農園No.1の真面目君。彼もまた良い意味で頑固そうだ。

検索フォーム

カウンター

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
31180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9665位
アクセスランキングを見る>>